製材から乾燥・製品加工・住宅建設まで一貫してプロデュース

株式会社宮下
設計士のブログ

ビジネスエリア

神戸市

神戸市北区を中心に営業しています。他、神戸市全域、西宮市、兵庫県北播磨(加東市・小野市・三木市・西脇市・加西市・多可町)など、その他の地域につきましてもご遠慮なくお問い合わせください。

(株)ミヤシタは耐震対策にも注力しています。

国は、近い将来発生すると予想される大地震に対して、長期優良住宅の認定基準の中で、耐震性能の基準を定めています。(株)ミヤシタではデザイン面だけでなく耐震性能についても検討しながらご提案いたします。

 

丈夫な家づくりには、耐力壁の配置が重要になります。デザイン面だけでなく、構造においても、適切な検討を行い納得の家づくりを目指します。

 

住宅の品質確保の促進などに関する法律

平成12年に施工された「住宅の品質確保の促進などに関する法律」いわゆる「品確法」で定められた耐震性能の基準では、建築基準法と同等の耐震性能を「等級1」とし、これに対し、1.5倍の耐震性能を「等級2」、2.0倍の耐震性能を「等級3」と定めています。

「長期優良住宅」については、「等級2」以上の耐震性能を有することが認定基準となっています。

当社では、建築基準法の要件を満たす「等級1」を検討し、ご要望に応じて「等級2」「等級3」の検討、および、長期優良住宅の認定申請を行うことも可能です。

リンク先へ長期優良住宅とは

耐震性能「等級」の検討

「等級2」や「等級3」となるように、耐力壁を配置する場合、状況によっては、平面計画に影響することがあります。

そのため平面計画を最終決定する前の段階で、ご要望の等級に応じて、耐震等級を検討いたします。できるだけ、平面計画を優先し、耐力壁位置等の検討をすすめていきますが、耐力上、オープンにしたい空間に、柱や壁が必要となる場合もあります。

筋交いチェック図性能評価例

耐震性能が高い家

耐震性能の高い家とは、単純に考えれば「耐力壁」がバランスよくたくさん配置された家ということになります。耐力壁をたくさん配置するめには、開口部を少なくする必要があります。

しかしながら、空間の心地よさや動線などの使い勝手考えるとき、窓や扉などの開口部、広い室内空間など、壁をできるだけ少なくしたい。と思うのが一般的です。

また、大きな吹き抜けがある家は、水平面(床面)の剛性という点からは弱い建物ということになります。

開放的な空間は、住む人にとってはとても重要ではありますが、家を支えるための柱や壁量が少ないということは、家にとっては大きな負担ともなります。

そのため、お客さまのご希望、ご要望を十分にお聞きしながら、家づくりの専門家として構造計画についてもアドバイスも行っていきますので、デザイン面や使い勝手(機能面)そして構造においても十分に納得していただけるようにバランスのとれた家づくり目指しています。

剛床

耐震工法、免震工法、制震工法

(株)ミヤシタの家づくりは、木造軸組工法です。構造計画の際には、筋交い又は、構造用合板による耐力壁で耐力を確保していますが、ご要望によって、免震工法や制震工法のご提案も可能です。

耐震工法、免震工法、制震工法はいずれも、地震から建物を守る優れた工法です。各々に長所と短所があります。

当社が採用している筋交いや、構造用合板を使用した耐震計画は、歴史と実績があり、一般的に採用されています。この工法に、免震や制震工法を組み合わせて使用することも可能です。※工法によっては、工事費が高額になる場合もあります。ご検討をご希望の場合は担当者にご相談下さい。

耐震工法とは
地震に対して、柱と壁(耐力壁)と基礎が一体になり地震のエネルギーを吸収して、地震に対抗する工法の ことを言います。筋交いや、合板を使用して耐力壁を構成する一般的に広く普及している工法です。

制震工法とは
地震のエネルギーをダンパーなどで吸収して、揺れを軽減する工法です。制震装置にはオイルダンパーやゴムダンパーを使用したものなど、工法は様々なものが開発されています。コストは、耐震工法よりも高く、免震工法よりも安くなります。

免震工法とは
建物と地盤、基礎と建物の間に、免震層を設け、地震の揺れを建物に伝えにくくする工法です。免震装置には、ボール、ローラーを使用したものや、最近では空気を利用した装置も発売されています。装置は大掛かりになり、大きなコストが掛かります。