製材から乾燥・製品加工・住宅建設まで一貫してプロデュース

株式会社宮下
設計士のブログ

ビジネスエリア

神戸市

神戸市北区を中心に営業しています。他、神戸市全域、西宮市、兵庫県北播磨(加東市・小野市・三木市・西脇市・加西市・多可町)など、その他の地域につきましてもご遠慮なくお問い合わせください。

(株)ミヤシタの建てる家は「木造軸組工法」

昔からの伝統的な工法「木造軸組工法」。当社では、「耐震性能」「耐久性能」などの住宅性能についても十分に考慮した上で、木造軸組工法ならではの自由設計の良さを取り入れた「木の家」をデザインしています。

 

梁や屋根構造に現れる木材の力強さ、節や板目の自然の造形、床の冷たさや温かみを活かしながら、「木」にこだわって家づくりをしています。

 

構造材を現し

柱・梁化粧柱や梁(桁)などの木材を組んで、家の骨組み(構造)をつくる「木造軸組工法」

当社のつくる家は、ご要望に応じて、大きな梁や柱を現しにする(見せる)ことで、木を使った家の良さをよりいっそう表現しています。太い柱や梁は、家を力強くしてくれます。

柱とキッチンの風景

接合金物

プレセッター金物木造軸組でありながらも、通柱と横架材(梁・桁)を構造金物(テックワンP3)で接合することにより、欠損部分が多くなるホゾ穴式の軸組に比べて接合部の強度を増すようにしています。木のもつ優しさと力強さを併せ持つ住まいです。

品質確保

当社は、平成9年、「MS21工法」で(財)日本住宅木材技術センターの木造住宅合理化認定を受けました。

これは、住宅の耐震性や耐久性向上、維持管理の方法、省エネ性能の向上のためのプランや工法に対して認定されるものです。

長期優良住宅当時の合理化認定は、現在の品確法(長期優良住宅)の前提となる、耐震性能や耐久性能、維持管理、省エネ性能の確保が必須条件であり、早くからこのような「優れた性能を持つ住まいづくり」に取り組んでおります。